ENTRY
ENTRY
No01
尾形 奈々 2004年度⼊社 事業開発部 事業推進グループ マネージャー

笑顔の理由が「笑顔」にある

QUESTION.

- 現在の仕事内容を教えてください。
事業開発部では、駅ナカを中心とした駅の全体プランニングや高架下開発の企画を行っています。2016年にオープンしたネスカフェスタンドのような新規事業もミッションの一つです。高架下開発プロジェクトでは「このエリアをどんな場所にしたいか」「ターゲットはどの層か、必要なコンテンツは何か」「まちの中で、この場所はどのような役割を担うのか」などを考え、全体のプランニングやコンセプトを決めていきます。日々の業務は高架下開発プロジェクトの成功に向けてチームでディスカッションをかさねたり、取引先との商談や交渉、提案資料の作成など多岐に渡ります。
- どんなキャリアフローをたどってきましたか?
アルバイトとしてCDショップのサウンドファースト(※2011年事業撤退)に入社。約10年店舗勤務したのち、CDのバイヤーになりました。その後経営管理部に異動し採用・人材育成を担当。2015年に事業開発部が新たに立ち上がり、その当初のメンバーとして現在2年目です。
- 働くやりがいを感じる瞬間はいつですか。
バイヤーをしていた頃は仕入れた商品の売上。人事担当の頃は、採用した新入社員の成長を感じたり、些細なことを相談してくれたりした時です。
現在の部署では、自分の仕事が高架下開発という大きなプロジェクトのゴールへの一助になっていると感じられたときやりがいを感じます。事業開発部は様々なキャリアを積んだ社員が集まっています。得意分野が違うので、お互い補い合うようにしています。メンバーから多くの刺激を受けています。
また取引先との交渉の際に、出店条件はもちろん重要なのですが、私たちの考えるコンセプトに共感してもらい「協働したいです」と言っていただけるととてもうれしいです。
- 入社の決め手になったのは?
人の魅力が大きいです。アルバイト時代のスタッフ、上司、同僚など、個性的でありながらみんなが楽しく働く職場でした。今もその社風は変わっていないと思います。
- 入社してからどんな面が成長しましたか。
色んな部署や役割を経験させていただいたので、視野が広くなりました。自分の答えを出す前に、お客様の視点・駅の視点・街全体の視点・会社、従業員の視点など物事をいろんな角度から見られるようになったと思います。
- 今後の夢・目標を教えてください。
13年目で中堅層に入ってきているので、次の世代を担う若手社員の方に目標としてもらえるような存在になりたいです。高架下事業のような新たな事業へも会社として積極的にチャレンジしています。それらを成功させることで、後輩に引き継げる仕事をしていきたいと思います。

MESSAGE TO STUDENT.

- 就活生へメッセージ
様々な会社の役員や社員の方と接することができるのは就活の最大の強みだと思います。「私は○○業界1本だ」というのももちろんよいのですが、せっかくの就活期間なので、自身でいろいろ見聞きして、可能性を広げてください。

WEEKDAY SCHEDULE1日のスケジュール

  • 9:00
    メールチェック
    1日のスケジュール確認
  • 9:30
    会議資料や取引先への
    プレゼン資料作成
  • 12:00
    チームメンバーとランチ
  • 13:00
    高架下開発チームミーティング
  • 15:00
    取引先との商談
  • 16:30~
    社内プロジェクトミーティング

※空き時間を使って、新規オープンした施設や開発案件の駅などをフィールドワーク。

AND MORE他のインタビューを見る

エントリーはこちら