ENTRY
ENTRY
No01
原 裕⼦ 2014年度⼊社 第⼀事業部 パートナー事業グループ マネージャー

笑顔の理由は「達成感」にある

QUESTION.

- 現在の仕事内容を教えてください。
第一事業部のパートナー担当としてリーシングの仕事をしています。リーシングとはいわゆる「店子探し」で、具体的には空いている駅ナカ区画に新たな常設店や、期間限定の催事店として出店くださるお店を営業で探す仕事です。出店後の運営サポート、催事店であれば全体の進行や契約の管理なども行います。お店の方と協力して店舗をつくっていくイメージです。
- どんなキャリアフローをたどってきましたか?
当初は阪神グループの店舗で勤務しており、途中で事業開発の部署へ異動しました。リーシング業務を経験したあと、阪急阪神グループの経営統合にともなって3年前からこちらにうつりました。
- 働くやりがいを感じる瞬間はいつですか。
常設店でも催事店でも、担当店の店長さんと面談する中でお客様からのお褒めの言葉や、売上の報告を聞くとやっぱり嬉しいですね。常設店に関しては毎月店長さんと面談を行い、状況に応じて運営をサポートしたり、販促物を提案したりというかたちで店舗に関わっています。
特に面白いと感じるのは、まだ魅力を引き出しきれていない駅へのリーシングです。人気駅は出店者様からも人気ですが、それよりも開発途上にある駅で、どうやって出店者様にもお客様にも喜んでいただける店舗をつくるか。そういう難しい区画にこそチャレンジしたくなります。
- 入社の決め手になったのは?
阪神グループから異動してきたという経緯はありますが、続けているのはリーシングという仕事の面白さですね。毎回企画をゼロから立ち上げるので緊張しますが、自分の交渉したお店が実際に区画でオープンして、予想以上に売上を上げていたりすると本当に嬉しいです。自分だけでなく店長さんにも喜ばれるとすごく達成感があります。
- 入社してからどんな面が成長しましたか。
弊社への異動時から考えると、環境にも徐々に慣れて楽しんで仕事できるようになりました。人数の多い会社なので色んな考え方があり、勉強になるな、と受け止めています。
- 今後の夢・目標を教えてください。
駅を利用されているお客様に「この駅を通ると楽しいな」と喜んでいただけるリーシングができればと思っています。

MESSAGE TO STUDENT.

- 就活生へメッセージ
入社後の話ですが、仕事をとにかく楽しんでください。つらいとかしんどいと思ってしまうとどんどん負のスパイラルに陥るので、とにかく楽しい方向に持っていって仕事をしてほしいと思います。毎日が変わるので。

WEEKDAY SCHEDULE1日のスケジュール

  • 8:45
    出社
  • 午前中
    メール確認
    契約書等作成
  • 13:00
    担当店舗巡回
  • 15:00
    社内会議
  • 18:00
    退社

※予定によっては、催事区画の閉店に立ち会うことも

AND MORE他のインタビューを見る

エントリーはこちら